ネズミ駆除が可能な超音波の威力

ネズミは不衛生なところを好むために、全身に様々な病原菌を保有しており、それが原因となって恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。



そのため直接的な接触はもちろん、糞や尿などによる間接的な接触のリスクもあります。

お手軽な@niftyニュースに関する有益な情報をご紹介いたします。

ネズミが保有する菌によって引き起こされる可能性がある病気を挙げると、致死率が約40%弱と非常に高いハンタウイルス肺症候群、沖縄で発症することが多いレプトスピラ症、さらにかつて中性ヨーロッパで大量の死者を出したペストもネズミを媒介にして発生しました。


なお、ペストに関して歯現在国内では現在発症例は確認されていません。この他にもツツガムシ病、E型肝炎などまだまだたくさんあります。


このような感染リスクを避けるためには、ネズミと直接、間接問わず、接触することを避けることです。



万一、家の中に住み着いてしまった場合は、一刻も早く駆除を実施する必要があります。手っ取り早いのは、駆除グッズを購入して、捕獲したり殺したりすることですが、姿を見たくないという方は超音波を使った駆除装置がおすすめです。超音波装置は捕獲や駆除するのとは異なり、ネズミが嫌がる超音波を発生させることによってストレスを与え、家の中にいることができないようにさせます。人間に耳にはほとんど聞こえないので人間の悪影響についても心配はありません。
ただ、ハムスターやウサギなど小動物をペットとして飼っている場合は、設置場所に注意が必要です。